Latex, theorem環境のオプション内に[ ]を書きたい

ここでは、「Latex, theorem環境のオプション内に[ ]を書きたい」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
微妙にハマった

theorem環境のオプション部分は、

\begin{thm}[  オプション部分はここ  ]\\
なんたらかんたらが成り立つ.
\end{thm}

のように書くが、オプション部分に「\cite[2008年]{ろんぶん}」のようなものを入れようとして

\begin{thm}[  \cite[2008年]{ろんぶん}  ]\\
なんたらかんたらが成り立つ.
\end{thm}

などとやろうとするとコンパイルが通らない。
しかし、以下のようにオプション部分を{ }でくくるとうまく行く。

\begin{thm}[  {\cite[2008年]{ろんぶん} ]\\
なんたらかんたらが成り立つ.
\end{thm}



調べて井いるうちに偶然
定理環境というページに

定理環境の本文をイタリック体ではなく直立体で表示したいときは,次のように入力します.
\theorembodyfont{\upshape}


という記述を発見。感謝。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tekitobibouroku.blog42.fc2.com/tb.php/98-df5e4db5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。