NIC停止時に自動再起動したい

ここでは、「NIC停止時に自動再起動したい」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
例のFedora7, Celeron400Mhz, 192MBな世話の焼けるノートPCの件
NIC は BuffaloのLPC4-CLX
ブラウザであちこち見に行っているとたまに NIC が反応しなくなってしまうことがあった

何だろうと思って, /var/log/messages を見てみると

# tail /var/log/messages
Nov 8 21:00:34 localhost kernel: eth0: Too much work at interrupt, status 0x54
Nov 8 21:01:24 localhost kernel: eth0: next frame inconsistency, 0xd6
Nov 8 21:01:24 localhost kernel: eth0: next frame inconsistency, 0xc0
Nov 8 21:01:25 localhost last message repeated 121 times


こんなメッセージが出ている.
next frame inconsistencyでググってみたら, 監視サーバのPCMCIAのハングアップ?という記事が見つかった. ちょうど状況が似ている.

swatch というログ監視ツールを用いて, NICが亡くなったときに自動的にネットワークサービスを再起動するように設定する, という方針.

Swatchについて調べてみた
セキュリティ強化対策(Swatch編)によると

Swatchでは指定されたsyslog等のログファイルをリアルタイムに監視し、予め設定しておいたルールに従い異常を検知するとbeep音やメールで管理者に通知したり、その情報を別の場所に書き出したり、はたまた、外部プログラムを起動するというようなことができます。

とのこと. これは便利だ.


やるべき作業は
1.Swatchのインストール
2.Swatchの設定
となる,

1.Swatchのインストールについては自分の環境では

# yum install swatch

でOKだった.
2.Swatchの設定については設定ファイルを書いてサービスを起動すればOK。詳しいことは下記URLを参考にしました.






ログ監視ツールSwatchを入れた
ログ監視ツール導入(SWATCH)
ログ監視ツール導入(SWATCH)
セキュリティ強化対策(Swatch編)
where: トップ > Tips > Swatchインストール
監視サーバのPCMCIAのハングアップ?
を参考にしました.感謝






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tekitobibouroku.blog42.fc2.com/tb.php/95-0195cdf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。