LaTeXで角度の記号、平行記号

ここでは、「LaTeXで角度の記号、平行記号」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校数学などの角度の記号(°や∠など)をLaTeXで出す方法。
30°は$30^{\circ}$
∠Aは$\angle A$
でOK

平行の記号を出す方法も前に調べた。
後でのせよう。



2011/11/20追記:
平行の記号 // は日本独自の記号っぽいので、LaTeXにはデフォルトで入っていないとのこと。
調べてみると、
http://mail2.nara-edu.ac.jp/~asait/latex/tex_introduction.htm#section8
http://sites.google.com/site/infoaofd/Home/computer/tex/memo/%E3%80%8Cheikou%E3%80%8Dnokigou
に独自コマンドを定義すれば良い旨の記述あり。感謝。プリアンブルに

\def\para{%
\setlength{\unitlength}{1pt}%
\thinlines %
\begin{picture}(12, 12)%
\put(0,0){/}
\put(2,0){/}
\end{picture}%
}%

と記述し、\paraで呼び出せばOK。

ちなみにデフォルトの平行記号は || で、コマンドとしては \parallel
http://www.latex-cmd.com/equation/vector.html#prep
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tekitobibouroku.blog42.fc2.com/tb.php/93-32e4e441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。