GGNFS関係

ここでは、「GGNFS関係」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一般数体篩法(GNFS)による素因数分解を実行するソフトウェア、GGNFSについて。

総本山(Chris Monico氏による)
GGNFS - A Number Field Sieve implementation

GGNFSの使い方 (只今名称未設定)
GGNFSの使い方 (Studio Kamada)
GGNFSを動かすにはGMPが必要になる。
とくにWindows上で動かすにはCygwinが必要。


Studia KamadaさんのところからGGNFSをググってみた。検索結果


■平成19年度 卒業論文に「素因数分解プログラムGGNFSの性能測定」という卒業論文の要旨がある。


認証や電子署名には公開鍵暗号が広く使われており,特にRSA暗号が主に用いられている.RSA暗号の安全性の根拠は巨大数の因数分解問題の困難さであるので,因数分解の高速化はRSA暗号の安全性の予測において重要な意味を持つ.

素因数分解には試し割り法, モンテカルロ法, 楕円曲線法, 二次篩法など多数のアルゴリズムが存在するが,その中でも一般数体篩法は100 桁以上の数を分解するには現在知られる最速のアルゴリズムである.2005年には 200桁の数(rsa200)が一般数体篩法で分解された.

本研究では,オープンソースの一般数体篩法ソフトウェアGGNFSについて,性能測定を行なう.




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tekitobibouroku.blog42.fc2.com/tb.php/86-e1dec101
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。