Buffalo LPC4-CLXの認識

ここでは、「Buffalo LPC4-CLXの認識」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
例のCeleron 400Mhz, 192MB, Fedora7なマシンの話

NIC LPC4-CLXを認識させるための設定
/etc/pcmcia/config.opts に

card "Buffalo LPC4-CLX"
manfid 0x026f,0x0309
bind "axnet_cs"


を追加.

/etc/modprobe.conf に

alias eth0 axnet_cs


があることを確認.

次を実行.

#modprobe eth0



↓ググると色々出てくる.
LPC4-CLX linux

↓勉強になった. 感謝
LANカードの手動で認識させるには?
/etc/modprobe.conf で
options axnet_cs irq=3
とかIRQ直指定したのが残っていると認識してくれなかった.
#options axnet_cs irq=3
コメントアウトなどしておくべき

以前の記事
Fedora Core 6インストールメモ
も参考にした.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tekitobibouroku.blog42.fc2.com/tb.php/81-ae7cae36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。