enumerate環境の番号の記号の変え方メモ

ここでは、「enumerate環境の番号の記号の変え方メモ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LaTeXのenumurate環境で番号の記号を変える方法.
環境内で \labelenumi を再定義すればOK
下記の引用のように記述すれば上から順に
(1), (2), (3),...
(i), (ii), (iii),...
(a), (b), (c),...
となる.

%(1), (2), (3),...
\begin{enumerate}
\renewcommand{\labelenumi}{(\arabic{enumi})}
\item あいうえお
\item かきくけこ
\item さしすせそ
\end{enumerate}

%(i), (ii), (iii),...
\begin{enumerate}
\renewcommand{\labelenumi}{(\roman{enumi})}
\item あいうえお
\item かきくけこ
\item さしすせそ
\end{enumerate}

%(a), (b), (c),...
\begin{enumerate}
\renewcommand{\labelenumi}{(\alph{enumi})}
\item あいうえお
\item かきくけこ
\item さしすせそ
\end{enumerate}




文書全体に渡って変更したければ, プリアンブルに再定義の記述を書けばOK
番号のカッコを変えたければ再定義の記述をいじればOK

%[1], [2], [3], ...にしたければ
\renewcommand{\labelenumi}{[\arabic{enumi}]}

%{1}, {2}, {3}, ...にしたければ
\renewcommand{\labelenumi}{\{\arabic{enumi}\}}

{ ではなく, \{ なのはいつも通り.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tekitobibouroku.blog42.fc2.com/tb.php/77-eb80bb75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。