LaTeX数式環境で複数行&数式番号

ここでは、「LaTeX数式環境で複数行&数式番号」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LeTeXで複数行の数式を出すときのメモ.

eqnarray 環境の欠点を改善したものが align 環境なので, これから使うときは align 環境でOK.
align 環境を使うには amsmath を入れる必要がある.
すなわち, プリアンブルに
\usepackage{amsmath}
を入れておく.

数式番号の有無に関しては次のとおり.

●全行に数式番号を出す→ align 環境


\begin{align}
f(x) &= hoge\\
g(x) &= fuga\\
h(x) &= mage
\end{align}



●一行も数式番号を出さない→ align* 環境


\begin{align*}
f(x) &= hoge\\
g(x) &= fuga\\
h(x) &= mage
\end{align*}



●特定の行だけ数式番号を出さない→その行の右端に \notag をつける


\begin{align}
f(x) &= hoge\\
g(x) &= fuga \notag \\
h(x) &= mage
\end{align}




内部向け TeX いくらかのコツ
数式・化学式 使用法
を参考にしました.
感謝
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tekitobibouroku.blog42.fc2.com/tb.php/69-c6f21383
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。