perl 書き始め時の共通の覚え書き

ここでは、「perl 書き始め時の共通の覚え書き」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
perl で csv ファイルから TeX の tabular 環境に変換するためのスクリプトを書きたくなったので下調べ。(Linux でスクリプトファイル名のみでコマンドシェル上で使うもの)

作るスクリプトファイル名は sample.pl とする。

Perl Command Fileを参考に。
●自分の環境のperl のパスの確認

% which perl
/usr/bin/perl
%



●そのパスをスクリプトファイルの先頭に書き込む

/usr/bin/perl

(以下ここにプログラム本体を書き込む)



●実行属性をつける

chmod 755 sample.pl




以下は■ 複数行をコメントアウトするを参考に
●Perlでのコメントアウト
言語機能的に複数行のコメントアウトがある訳ではないらしいが、伝統的に「=pod」「=cut」ではさんだ部分でコメントアウトする。

/usr/bin/perl
=pod
ここに書いたものは無視される
=cut


調べてみると、いろんな言語でのコメントアウトに記法をまとめた記事があった。便利。
コメントアウト記法まとめ HTML、CSS、JavaScript、Perl、Ruby、Python、PHPの例が紹介されている。


あとの様々なことはとほほのperl入門(概要編)
を参考に。

コマンドライン引数での改行文字の違いによるトラブルの事例と解決方法がPerl:コマンドライン引数でつまずくという記事で議論されていた。なるほど。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tekitobibouroku.blog42.fc2.com/tb.php/67-2e1a2906
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。