realloc(3) 使用時は、配列によるアクセスが必要なわけ

ここでは、「realloc(3) 使用時は、配列によるアクセスが必要なわけ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポインタ虎の巻 malloc() されたポインタの使い方
↑の下のほうに具体例を織り交ぜた解説があり、楽しかった。

ポインタである領域を指しているときはその領域のアドレス変更に注意が必要。
realloc(3) の影響で領域のアドレスが変わったのに、ポインタのほうの更新を忘れていると無効な領域を指している可能性があって危険である、ということ。
そもそもそんな状況が発生しないように組みましょう、という話だった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tekitobibouroku.blog42.fc2.com/tb.php/51-cc37fcdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。