ntl 5.4.2 を intel compiler で再コンパイル

ここでは、「ntl 5.4.2 を intel compiler で再コンパイル」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NTL 5.4.2 を Intel Compiler 10 で再コンパイルしてみた時のメモ。

環境は
% uname -a
Linux **** 2.6.25-10ma1 #1 SMP Fri Jul 4 00:01:18 JST 2008 i686 i686 i386 GNU/Linux

% cat /proc/cpuinfo|grep name
model name : Intel(R) Core(TM)2 CPU 6700 @ 2.66GHz
model name : Intel(R) Core(TM)2 CPU 6700 @ 2.66GHz



% ./configure NTL_GMP_LIP=on GMP_PREFIX=hoge PREFIX=hoge CC="icc -no-gcc" CXX="icc -no-gcc -Kc++" CFLAGS="-O3"
% make
% make install
で通ってくれた。

% make install
mkdir -p -m 755 hoge/lib
cp -p ntl.a hoge/lib/libntl.a
chmod a+r hoge/lib/libntl.a
mkdir -p -m 755 hoge/include
rm -r hoge/include/NTL
mkdir -m 755 hoge/include/NTL
cp -p ../include/NTL/*.h hoge/include/NTL
chmod -R a+r hoge/include/NTL
mkdir -p -m 755 hoge/doc
rm -r hoge/doc/NTL
mkdir -m 755 hoge/doc/NTL
cp -p ../doc/*.txt hoge/doc/NTL
cp -p ../doc/*.html hoge/doc/NTL
cp -p ../doc/*.gif hoge/doc/NTL
chmod -R a+r hoge/doc/NTL




できたライブラリを使って自分のプログラムをコンパイルしようとしたら問題発生
% g++ tekiot.cpp -lntl -lgmp
とすると、

./libntl.a(FFT.o): In function `NTL::FFT(long*, long const*, long, long, long const*)':
FFT.c:(.text+0x179): undefined reference to `__intel_f2int'
後略


といったエラーが多発。調べてみるとコンパイル時に -lirc オプションをつけるなどすればとりあえず解決するとのことだった。
参考:http://q.hatena.ne.jp/1149137563

-lirc をつけるので libirc.a が入っているライブラリパスのことも忘れずに。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tekitobibouroku.blog42.fc2.com/tb.php/47-c6045e34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。