gmp 4.2.2のコンパイル

ここでは、「gmp 4.2.2のコンパイル」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
gmp 4.2.2の再コンパイルを行ってみた
使用マシンは
Core2Duo E6700 2.66Ghz
Memory 4GB
Vine Linux

(config.status libtool Makefile)
デフォルトのコンパイルオプションは
CFLAGS = -m32 -O2 -fomit-frame-pointer -mtune=k8 -march=k8
だったが、これを
CFLAGS = -m32 -O3 -fomit-frame-pointer -mtune=pentium-m -march=pentium-m -msse3 -pipe
としてみた。無事コンパイルはとおった。

某類数計算プログラムでベンチしてみた。
条件は
int Polynomial_Mul_Karatsuba_Threshold = 3;
int Polynomial_Mul_Toom3_Threshold = 1000;
int Polynomial_Retract_Threshold = 1000;
で。

コンパイルオプション変更前
p=8963 2:06
p=9900-10000 0:52

コンパイルオプション変更後
p=8963 1:39
p=9900-10000 0:44

比率 (変更前/変更後)
p=8963 1.27倍
p=9900-10000 1.18倍



同じバイナリを
PentiumD 2.8Ghz
Memory 2GB
Vine Linux
上で動かしてみた。

コンパイルオプション変更前
p=8963 4:17
p=9900-10000 1:28

コンパイルオプション変更後
p=8963
p=9900-10000 1:20

比率 (変更前/変更後)
p=8963 1.11倍
p=9900-10000 1.1倍


気が向いたら、他の条件でも試す。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tekitobibouroku.blog42.fc2.com/tb.php/37-e80a45b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。