Linux でお手軽バックアップ

ここでは、「Linux でお手軽バックアップ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Linux を使っているときに、原稿等のテキストファイルをバックアップしたくなった。
あんまり面倒なのはいやだ。なので次のようにした:

find ~/ \( -name \*.tex -o -name \*.bib -o -name \*.sty -o -name \*.c -o -name \*.h -o -name \*.cpp -o -name \*.txt -o -name \*.gp -o -name ChangeLog \) | lha a tekito_backup.lzh

使っている事柄は、
  • find コマンドでバックアップしたい拡張子を指定(複数条件は -o でいけるらしい)
  • パイプで lha に渡すと、ディレクトリ構造込みで圧縮してくれる
これくらい。
あれ? lha は、 xargs かまさなくてもいけたのか。
そういえば「lha はもう使わないでくだしあ」なのだそうだが、コマル。

tar でやってみたら

find ~/ \( -name \*.tex -o -name \*.bib -o -name \*.sty -o -name \*.c -o -name \*.h -o -name \*.cpp -o -name \*.txt -o -name \*.gp -o -name ChangeLog \) |xargs  tar czvf tekito_backup.tar.gz

明らかにファイルの個数が少なかった。LHA で希望する処理ができているので、満足することにした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tekitobibouroku.blog42.fc2.com/tb.php/285-ace2d001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。