データ入力、アンケート入力 料金比較

ここでは、「データ入力、アンケート入力 料金比較」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
データ入力やアンケート入力の大雑把な相場を見たくなった。

よくある項目の料金を比較してみた。
いろいろな要因が絡むので、料金だけでは比較できないきがする。安ければいいってものでもないかも。データのクロスチェックしてくれるとか、論理エラーをはじいてくれるとか、集計もやってくれるとか、納期とか、精度とか、入力者は国内か国外か、など見るべき観点がいろいろある。
※もしも、データ入力を依頼したい方がここを見てしまった場合は、各社の正確な情報をご覧ください。私は責任持ちません。こんな僻地のテキトーなブログは参考なりません!といってみるテスト。

略語の定義メモ:
  • SA:シングルアンサーの略
  • MA:マルチアンサーの略
  • FA:フリーアンサーの略

以下のサイトに書いてある料金のうち、データ入力、アンケート入力に関してまとめてみた:
  1. http://www3.c16.jp/20-0136/
  2. http://www.shufti.jp/user_show.php?p=11
  3. http://www.7index.net/price.html
  4. http://www.esumi.co.jp/data_entry/
  5. http://deta77.blog117.fc2.com/blog-category-1.html
  6. http://nyuryoku-nagoya.com/contents02.html
  7. http://www.thtec.co.jp/price.htm#data
  8. http://www.sanshin.nkkg.co.jp/01InputData.html
  9. http://www.web-sales.net/price.html#enq
  10. http://www.uluru.jp/html/charge.html
  11. http://www.npo-cw.net/pdf/cost.pdf
  12. http://www.artcast.jp/data_ryokin.html
  13. http://www.datapro-syspro.com/price.html

単価比較
12345678910111213
基本料金5000????5000--??????基本料金
21.52215--184109--2
住所5355105住所
氏名51.53382氏名
年齢1141年齢
性別1141性別
生年月日2262--2生年月日
会社名51.5444--562会社名
部署名41.5333--462部署名
役職名1.5223--46役職名
電話31.5333--462電話
携帯233--4102携帯
FAX1.53262FAX
Eメール52556--7103--3Eメール
URL2446--7103--URL
フリガナ26フリガナ
アンケ 数値3.6, 2.524?アンケ 数値
アンケ SA111.2, 0.810.3アンケ SA
アンケ MA1.554.8, 3.451.5アンケ MA
アンケ FA388アンケ FA
アンケート FA1文字当たり0.50.52?0.35アンケト FA 1文字当たり
シングル打ち、FAは10文字程度FAは20文字程度アンケートは2回入力、1回入力で料金が違う
データのチェック、加工、集計あり
件数が多いときは割引
上記料金はシングル入力。ベルファイは単価×2応相談らしい応相談らしい分析、集計は応相談らしい
件数がおいときは割引
名詞データ:¥48--
名前、郵便番号、住所、電話番号、 会社名、部署名、役職名、FAX番号、 E-mail、携帯番号





精度について
株式会社アブロードシステムズ Abroad Systems inc.さんのところの
http://www.input-king.com/w_panch.html に入力精度の話があった。
この会社での入力方式は、精度別に3通りある模様:

シングルエントリ
アンケート調査、統計分析、DM宛名リストなど量がありコストを下げたい場合に有効

ベリファイ
事務伝票、申込書など一般的書類
一般的なデータ入力方式

コンペア
銀行、カード会社など精度を高めたい場合やデータエントリ後の行程で間違いが出た場合損失が大きい物。

シングル入力 ミス率:0.5%-1%
べりファイ ミス率:0.01%-0.03%
だそうだ。
実感としてはそんな感じがする。統計用途ならシングルで十分か。

うるるさんとこの
http://www.uluru.jp/html/seido.html
によると入力精度99.8%らしい。ミス率は0.2%か。
  1. 2グループによる並列入力
  2. クロスチェック
  3. ロジックチェック、目視チェック
  4. 最終チェック(納品形式への変換)
という手順でやってるらしいが、3.のロジックチェックは1.の段階に組み込んで入力直後に分かるようにしたほうがよくね?と素人がわめいてみるテスト。まぁ1.の段階では完全に入力マシーンに徹する、という趣旨なのかな。

その他
10のサイト(株式会社うるるさん)はいろいろ書いてあって楽しい
文書情報管理士という資格があることをはじめて知った
データ入力ハンドブック」も面白かった。
ここはかなり大規模らしい。中国は人件費 1/10 って書いてあるが、いつまで続くんだろう。

規模の小さいところで安いところもあるけど、どうやってモトを取っているんだろう…?

いろいろ見てると、似たような料金体系のところが意外に多いな、という気がした。





入力エラーについて
この手の作業につき物の入力エラーについて気にしてみた。(別記事に分けたほうがいいか)

ITProから:
「うっかりミス」は叱っても減らない

「うっかり」ミスは無くせる

ITpro読者200人が考えた“うっかりミス”対策 1 
2.対策の一つは自動化
3.読者が寄せた“うっかりミス”対策 超参考になった。

叱るより真因を追究、対策べからず集1.
2.×作業ミスで片付ける ○ミスを招く真因を追究
3.×ミスをしかる、罰する ○ミスしない人をほめる
4.×恥ずかしいから隠す ○積極的に全社公開
5.×ルールで縛る ○絶対守れる最小限に抑える
6.×「チェック強化」で終わり ○仕組みを見直す
7.×運用は単純作業と考える ○臨機応変に動くのは高度な力が
8.×経営・品質部門が牽引 ○全員参加型の活動を

情報システムの“うっかりミス”問題はなぜ注目されたのか? 1
2.現場は分かっていたはず
3.「ミスを罰するのは逆効果」に共感

トラブル原因の半分が「うっかり」 1
2.「テストでは正常だったのに」慎重を期しても起こる
3.IT業界が抱える複数の問題が背景に


別サイト:

ヒューマンエラー学
デバッグパターン
*08.7* Viewing differences with vimdiff viにテキスト比較機能っぽいものがある模様。残念ながら未読。




失敗学のすすめ (講談社文庫)失敗学のすすめ (講談社文庫)
(2005/04/15)
畑村 洋太郎

商品詳細を見る


ヒューマンエラーを防ぐ知恵 (DOJIN選書)ヒューマンエラーを防ぐ知恵 (DOJIN選書)
(2007/03/20)
中田 亨

商品詳細を見る



システムはなぜダウンするのか 知っておきたいシステム障害、信頼性の基礎知識システムはなぜダウンするのか 知っておきたいシステム障害、信頼性の基礎知識
(2009/01/15)
大和田 尚孝

商品詳細を見る



失敗のメカニズム―忘れ物から巨大事故まで (角川ソフィア文庫)失敗のメカニズム―忘れ物から巨大事故まで (角川ソフィア文庫)
(2003/07)
芳賀 繁

商品詳細を見る


プロダクトデザイン 商品開発に関わるすべての人へプロダクトデザイン 商品開発に関わるすべての人へ
(2009/07/17)
JIDA「プロダクトデザイン」編集委員会

商品詳細を見る



リファクタリング―プログラムの体質改善テクニック (Object Technology Series)リファクタリング―プログラムの体質改善テクニック (Object Technology Series)
(2000/05)
マーチン ファウラーMartin Fowler

商品詳細を見る



ヒューマンエラーは裁けるか―安全で公正な文化を築くにはヒューマンエラーは裁けるか―安全で公正な文化を築くには
(2009/10/29)
シドニー デッカー

商品詳細を見る


失敗百選 41の原因から未来の失敗を予測する失敗百選 41の原因から未来の失敗を予測する
(2005/11/02)
中尾 政之

商品詳細を見る



医療におけるヒューマンエラー―なぜ間違えるどう防ぐ医療におけるヒューマンエラー―なぜ間違えるどう防ぐ
(2004/07)
河野 龍太郎

商品詳細を見る


ポカミス・うっかりミス―作業現場でのヒューマンエラー対策ポカミス・うっかりミス―作業現場でのヒューマンエラー対策
(1996/09)
田中 豊

商品詳細を見る


ヒューマンエラー [VHS]



JEFCOM ジェフコム うっかりアラーム UA-120 置き忘れ・盗難防止の注意喚起に!JEFCOM ジェフコム うっかりアラーム UA-120 置き忘れ・盗難防止の注意喚起に!
()
ジェフコム

商品詳細を見る



忘れ物防止器『うっかりセンサー』忘れ物防止器『うっかりセンサー』
()
ejapan

商品詳細を見る



うっかりしやすい会社業務の税実務Q&A100うっかりしやすい会社業務の税実務Q&A100
(2010/01)
山本 清次

商品詳細を見る



会社の常識 口のきき方・ふるまい方―「つい、うっかり」ではすまされない“社内の基本”“仕事の鉄則”会社の常識 口のきき方・ふるまい方―「つい、うっかり」ではすまされない“社内の基本”“仕事の鉄則”
(1995/04)
原 加賀子

商品詳細を見る





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tekitobibouroku.blog42.fc2.com/tb.php/245-c42add27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。