Scoreインストールメモ

ここでは、「Scoreインストールメモ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とりあえずハマっている問題点を。

サーバーホストでブートフロッピーの作成時にハングアップ。
フロッピードライブがこわれているのかと思い、3台くらい交換してみたが、ダメ。しばらく書き込んだあと、アクセスランプがつきっぱなしになってマシン全体が固まる。→別のマシンをサーバーホストにすることにして対処。

Scoreでの計算ホストのインストールの時。
EITはeth0じゃないとダメ。eth1とかを使いたいときは、eth0を使ってインストールしてから、eth0をeth1とかに変更する。ここ参照
→オンボードのeth0が壊れてるから、PCIバスにNICをさしているのでこれは困る。何とかしないと。未解決。
要は、eth0とeth1を入れ替えればいいので
/etc/modprobe.confのaliasの書き換えと、
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1
の中のHWADDRを入れ替えをすれば出来そう。

eth0とeth1を入れ替えるには これは古い情報。/etc/modules.confをいじっている。古いOSを入れるときに役に立ちそう。実際今回はRedHat7.2でやっているのでこちらの情報が役に立った。
CentOSのネットークデバイスをeth0とeth1を入れ替える方法 ifcfg-eth0のHWADDRを設定すれば良さそう、という記述があった。
実際に試してみたら、modules.confのaliasの設定を書き換えるだけで、HWADDRの設定は書かなくても、eth0とeth1がちゃんと入れ替わった。



計算ホストのインストール時に次のメッセージが出る。サーバーホストからはこの計算ホストは認識されないママ。

SIOCSIFADDR: No such device
Try it again
Configure Network fails
done
NFS mount : /mnt/runtime
Cannot mount
exiting

→いま考え中。このあたりを参照中。未解決。

↓このあたりが関係しそうな感じなので、メモ。
EITでサポートされていないNIC用のEIT boot floppyの作成
NICの認識


計算ホストのインストール時に、ブートフロッピーをさす順番を間違えた。
→これは不注意。解決。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tekitobibouroku.blog42.fc2.com/tb.php/22-d912c597
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。