pari/gp のカスタマイズ(時間表示)

ここでは、「pari/gp のカスタマイズ(時間表示)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pari/gpでコマンドの実行時間を表示したいときの設定は/etc/gprcに

\\ Set timer on
timer = 1

という記述をすればOK。
これをやっておけば

(22:18) gp > primepi(10^10)
*** primepi: not enough precomputed primes, need primelimit ~ 10000000000.
(22:18) gp > default(primelimit,10000000000)
time = 19,634 ms.
%9 = 10000000000
(22:19) gp > primepi(10^10)
time = 678 ms.
%10 = 455052511

のようになる。


この辺の設定をRPMに組み込めるかはわからん。ToDo:組み込めたら「VMwarePlayer3を入れてみた (CentOS5.4 RPMの作成に挑戦)」の記事に追加。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tekitobibouroku.blog42.fc2.com/tb.php/211-dda09726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。