FOXC(OpenCLコンパイラ)をインストール

ここでは、「FOXC(OpenCLコンパイラ)をインストール」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FOXCはフィックスターズ社が開発しているOPenCLコンパイラ。FOXCによってコンパイルされたプログラムは、ホストと同じx86プロセッサ上で動作し、別途アクセラレータは不要(Posixスレッドに対応)とのこと。

こちらの環境は
NEC Express5800 110Ge(CPU Core2Quad Q9550、Memory:8GB)上で、
VMware Player 3 仮想マシンのMemory:4GB
ホストOS:WIndows Xp Professional x64
ゲストOS:CentOS 5.4(64bit)


http://www.fixstars.com/foxc/によると、FOXCの動作確認OSはCentOS 5.3 (64bit) らしいが、CentOS 5.4(64bit)で挑戦してみる。結論的には、CentOS 5.4でもHelloWorldまで動作確認できた。(他はまだ試してない)

OpenCL入門 - マルチコアCPU・GPUのための並列プログラミング -OpenCL入門 - マルチコアCPU・GPUのための並列プログラミング -
(2010/01/22)
株式会社フィックスターズ土山 了士

詳細
を参考にやってみました。

ダウンロード
http://www.fixstars.com/foxc/download.html
から。


インストール
以下、/usr/localにインストールする場合の話。

必要ファイルを展開

# tar -zxf foxc_beta_linux64.tar.gz -C /usr/local/



.bashrcに環境変数設定を追記。

export PATH=/usr/local/foxc/bin:${PATH}
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/foxc/lib:${LD_LIBRARY_PATH}


インストールは以上。


動作確認。
まず

/usr/local/foxc/share/foxc/sample/hello/hello.cl
/usr/local/foxc/share/foxc/sample/hello/hello.cpp

を適当なディレクトリにコピー。たとえば

$ cp /usr/local/foxc/share/foxc/sample/hello/hello.cl /home/hoge
$ cp /usr/local/foxc/share/foxc/sample/hello/hello.cpp /home/hoge



コンパイル。

$ cd /home/hoge
$ gcc -o hello -I/usr/local/foxc/include -L/usr/local/foxc/lib -lOpenCL hello.cpp



実行。

$ ./hello
Hello, World!

 



ちなみに LD_LIBRARY_PATH の設定をせずに ./hello を実行すると

$ ./hello
./hello: error while loading shared libraries: libOpenCL.so: cannot open shared object file: No such file or directory

となる。(それはそうだ)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tekitobibouroku.blog42.fc2.com/tb.php/209-c612c36a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。