サーバ関係の市場規模のメモ

ここでは、「サーバ関係の市場規模のメモ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こういった調査の記事は、IDC Japanがソースになっていることが多いみたい。

2006年の国内サーバ市場は前年比マイナス3.7%の6667億円に--IDC Japan調べ CNET Japan Staff 2006/11/02 20:37
http://japan.zdnet.com/research/story/0,3800079402,20299907,00.htm

2007年度上期 PCサーバ出荷調査報告 ノークリサーチ 2007/12/06 00:00
http://japan.zdnet.com/release/story/0,3800075480,00024948p,00.htm

<07年度上期 PCサーバ市場のポイント>  
◆07年度上期PCサーバ市場(台数)は、全般的に伸び悩み、「踊り場」市場へ
 -出荷台数は対前年比5.0%減、256,700台
 -出荷金額は対前年比5.7%増、1,452億円
 -景気の減退感続く。経産省発表の設備投資指数も2期連続(4月-6月、7月-9月)のマイナス基調
◆メーカシェアはNECがトップ。NEC、HPの2強でのマッチアップ
 -トータルシェアではNEC。ブレードシェアではHP。2社が抜け出す
 -前期のような大型案件なく、官公庁、公共系の需要はあったが、民間市場の動きが鈍い
 -期待のブレードは38%の伸びを示す。100V対応で徐々に中堅・中小企業へ
 -07年度トータルでも若干のマイナス成長となる。「守り」から「攻め」の導入は08年度以降か?





インテル、Itaniumプロセッサからx86ソフトウェア用回路を廃止へ 文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:河部恭紀(編集部) 2006/01/20 12:20
http://japan.zdnet.com/oss/story/0,3800075264,20094831,00.htm


IDC調査、x86サーバは2008年に全64ビット化--2005年に32ビットを逆転 日川佳三(CNET Japan編集部) 2005/03/26 16:24
http://japan.zdnet.com/news/hardware/story/0,2000056184,20081661,00.htm?tag=zn.lf.rel.story


ブレード・サーバ導入の機は熟したか 将来展望と企業ユーザーの導入メリットから考察する(2007年05月15日)
http://www.computerworld.jp/news/hw/64229.html

ブレード・サーバがガートナーの統計データに初めて登場したのは2002年のことである。それから5年近くが経過した現在、ブレード・サーバは、サーバ市場の主力製品の座に押し上げられつつある。では、このブレード・サーバは、はたして企業ユーザーにどんなメリットをもたらすものなのだろうか。本稿では、ブレード・サーバの進化の過程を整理しつつ将来を展望することによって、企業ユーザーにとってのメリットを明らかにしたい。

亦賀忠明
ガートナー ジャパン リサーチ/ITインフラストラクチャ担当バイスプレジデント

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tekitobibouroku.blog42.fc2.com/tb.php/11-6d45cef9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。