ここは個人的な備忘録です。テキトーかつ適当が目標。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔Cで書いていたプログラムをC++に移植していた時に起こった失敗談

C版では,構造体配列をmallocで確保したのち,それぞれの構造体に値を代入し初期化していた.

ボーッとしつつ,C++に書き直していたら,クラスの配列をmallocで確保しそれぞれのクラスに値を代入して初期化しようとしていたw
これはひどいww

コンパイルは通ってしまったが, 実行するとやはりクラッシュw
コンストラクタをスルーしているからそりゃ変なことにもなる罠

あとでVectorコンテナ使って書き直して事なきを得た.
スポンサーサイト
MASM32はMASMのクローンで、ここから入手できる。
http://www.masm32.com/


MASMの入門記事
Part1で環境構築、2,3で命令の例とマクロについての解説。
MASM32によるアセンブラ入門:パート1 C++から呼び出す方法にも触れられている。
MASM32によるアセンブラ入門:パート2
MASM32によるアセンブラ入門:パート3

FPUやMMXについても書いてある
Win32 MASM プログラミング入門


Iczelion's Win32 Assembly Tutorials の翻訳
アセンブラ入門
日本語技術資料のダウンロード(Intel) お約束

[MASM32によるアセンブラ入門]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。