ここは個人的な備忘録です。テキトーかつ適当が目標。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PC上で使えるFFTのライブラリを調べていたので、そのまとめを。
入手は次のところあたりから
FFTW is best at handling sizes of the form 2^a 3^b 5^c 7^d 11^e 13^f , where e + f is either 0 or 1, and the other exponents are arbitrary.
  • 大浦FFT サイズは2巾。1次元 2次元 3次元に対応
  • FFTW 1次元 2次元 3次元に対応、マルチスレッド対応
  • GPUFFTW
  • FFTSS 1次元 2次元 3次元に対応、マルチスレッドやMPIに対応。現時点ではdouble型の複素数ー複素数変換のみ対応。サイズは2巾
  • AMD Core Math Library (ACML) 1次元 2次元 3次元に対応 サイズの素因数は13までだと高速 マルチスレッド対応
  • Intel Math Kernel Library 1次元 2次元に対応。サイズは2巾。マルチスレッド対応。スレッド・セーフに設計されている。
  • C24x FFT
  • FFTE 1次元 2次元 3次元に対応。サイズは2^p 3^q 5^r
  • SourceForge.net: Kiss FFT
  • djbfft 手作業で最適化されているらしい.Ultra SPARC, Pentium II 上などで FFTW2 より高速に動作したらしい.
[FFTライブラリのまとめ]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。